子供の教育資金の貯め方のおすすめ!保険の見直しで教育費を貯金しよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加


子供の教育資金の貯め方にはいろいろな方法がありますが、当サイトがおすすめする貯蓄方法は、生命保険という固定費を見直し、そこから教育資金を捻出する方法です。


教育資金の貯蓄

生命保険は、よくわからない内容のまま契約し、契約した当時と家族構成や年齢などの条件が変わっているのにも関わらず、保障内容はそのままというケースがとても多いです。

実際、私もそうでした。(汗)

ですから、ライフプランと照らし合わせながら保障内容を見直して保険料を削減し、それを財源に貯蓄型の生命保険や学資保険などで教育資金を準備するのが一番無理がないと思います。

子供1人が大学卒業までにかかる教育費用は、全て国公立で約1,000万円、全て私立では約2,300万円もかかります。

それに対して、多くの方が貯蓄額として200~300万円ぐらいを目標にしています。

もちろん、この金額で万全というわけではないですが、とりあえず、このぐらいは準備しておきたいものです。

そして、教育資金の貯め方にどのような手段を使うかも重要ですが、無理なく教育資金を確保するためには、長期的に、なるべく早くから貯蓄することが必要です。

子供の教育費はこれで安心!生命保険見直し顧客満足度ランキング

子供の教育費は、今後の長期的なライフプランをファイナンシャル・プランナーと呼ばれる家計や保険相談のプロとしっかり相談しながら描いて選択していくのが賢明です。

こちらから生命保険の見直し&教育資金の貯蓄の相談のお申込みができます。

生命保険見直しサービス 顧客満足度 詳細
保険マンモス 95 %

【保険マンモス】

< おすすめポイント >
◆無料相談。
◆全員CFP等の有資格者で、FPとして5年以上の経験以上を前提としている。
◆イエローカード制(FPを交換できる制度)。

≪対象地域≫ : 全国42都道府県 900名のFP

保険アドバイザーズ 94 %

【保険アドバイザーズ】

< おすすめポイント >
◆無料相談。
◆Stop Call制度(無理な勧誘をされた場合、保険コンサルタントを変更できる制度)。

保険ゲート 94 %

【保険GATE】

< おすすめポイント >
◆無料相談。
◆女性に人気。

≪対象地域≫ : 全国44都道府県

生命保険の見直しで保険料を削減!浮いた分を教育資金に

教育資金を保険の見直しで貯める方法って?

終身型ではなく、10年や15年といった更新型の生命保険に加入されている方は、更新時期と次回の保険料を確認してみてください。

もしかすると、お子さんの大学入学など教育資金の負担が重くなる時期と、更新で保険料が上がる時期が重なっているかもしれません。


保険は、いつでも内容を変更できるわけではありません。

健康上に問題があると、思うように保険料を削減できなかったりする場合があるので、できるだけ年齢の若いうちに見直しておきましょう。


必要な保障額は、家族構成やライフスタイルの変化によって変わってきます。

新しいタイプの保険も発売されていますので、これらを組み込んで適切な保険の見直しを行なうと、最適な保障を設定しながら、保険料をだいぶ削減できる可能性があります。


必要な保障額がわからない、自分に最適な保険を選ぶ自信がないという方は、プロのファイナンシャル・プランナーから保険見直しのサポートを受けてみましょう。

相談料が無料のところもありますので、活用しない手はありません。

小さいお子さんがいるご家庭は、ファイナンシャル・プランナーに自宅に来てもらう訪問型のサービスがおすすめです。


よく読まれている記事ランキング

これが近道!1位
>> 教育費を楽に貯蓄する!一番効果のある方法とは?
必見です!2位
>> 私の生命保険見直し体験談<キッカケ編>
今がタイミング!3位
>> 節約&教育費の貯蓄につながる生命保険の見直し
見直しの体験談4位
>> 私の生命保険見直し体験談<契約編>
2人目を諦めない5位
>> 2人目の子育て費用・お金

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ